RSウイルス感染症は、RSウイルスに感染して起こる呼吸器の感染症で、細気管支炎や肺炎などの原因となります。

RSウイルスに感染すると、最初のうちは鼻水、咳、発熱など、風邪のような症状が現れ、さらに症状が悪化すると気管支炎や細気管支炎を発症し、咳が増えたり、ぜいぜいという苦しそうな呼吸になったり、多呼吸などの症状が現れます。
1歳未満の乳幼児が感染すると、肺炎や細気管支炎を起こし、重症化する事が多いので、十分注意が必要です。



人にもペットにも優しい光触媒ミスト

RSウイルス感染予防
RSウイルス感染予防に!

RSウイルスの症状


RSウイルスは、2歳までの乳幼児がほぼ100%感染すると言われている、感染力が非常に強いウイルスです。

 

しかし、これほど蔓延しているにも関わらず、認知度が低く危険性もあまり知られていないウイルスです。

 

RSウイルスは、感染すると肺炎や細気管支炎などの呼吸器系の症状を引き起こします。

 

RSウイルスは、接触や飛沫によって目、鼻、口などの粘膜から体内に侵入し感染を起こします。

 

2~5日の潜伏期の後は、発熱、鼻水、咳などの風邪に似た症状が現れますが、通常は1~2週間程度で軽快します。

 

しかし、2歳以下の乳幼児はしばしばし肺炎や細気管支炎を発症し、特に6ヶ月未満の乳児は重症化して緊急入院が必要になる事も珍しくありません。

 

免疫不全児、早産児、呼吸器や心臓に先天的な疾患がある乳児は、特に重症化しやすいため、十分注意が必要です。

 

RSウイルス感染予防に!微細な細菌やウイルスを徹底分解する、安心安全な光触媒ミスト

RSウイルスは感染力が非常に強く、免疫力の出来方も弱いため、何度も繰り返し感染を起こす事が多いウイルスです。
しかし、感染回数が増える程症状は軽くなり、2歳以上になると鼻風邪程度で済む場合がほとんどです。
inserted by FC2 system